Century21 TEIWA 田舎暮らし~競売物件まで不動産のスペシャリスト

不動産のことならどんなことでもお気軽にお問い合わせ下さい

家主(賃主)様のご相談も大歓迎!

お問い合わせフォーム

田舎暮らしで晴耕雨木な毎日を。自然や農山村景観と共存した物件など様々な不動産をご紹介します。
近畿圏を中心に全国で賃貸から売買、収益、競売、任意売却まで不動産の事ならなんでもご相談下さい。

素敵な田舎暮らしのすすめ

田舎暮らしを実際に行っている社長堀田の田舎暮らしのすすめ

田舎暮らしは、趣味三昧で楽しみ、大自然の中で自給自足の生活を送るなど、なにもない田舎だからこそ自由なスタイルで生活をすることが一番の魅力です。
また日々の喧騒を忘れ、週末だけの田舎暮らしを楽しむといったことも出来ます。
ひとえに田舎暮らしといっても、ド田舎が良いのか、それとも都会寄りの田舎が良いのか。
何を目指すにしても、自分流であることが田舎暮らしを満喫する秘訣です。
町の生活とは大きく違う田舎暮らしの、楽しさを少しでもお伝えできればと思います。

写真
田舎暮らしのメリット
自然に囲まれた生活
都会では探さないとなかなか見つからない自然が、田舎はどこに行っても自然だらけ。
都会の空気と違い、緑いっぱいの自然が生んだ澄んだおいしい空気も感じられます。 子供たちが遊ぶ環境としても、実際に木や草や生き物に触れ合って様々なことを体験しながら自然に学んでいけます。
新鮮で安くて美味しい食べ物
田舎では、流通にかかる時間も経費も少なくて済むので、採りたてのものを安く買うことができます。
野菜に限らず、海に近いと海産物が豊富に手に入りますし、山に近いと山菜などの旬の食べ物が手に入ります。
新鮮なものを食べると、あらためてその食べ物の美味しさに気付くこともあります。
田舎で畑で野菜を育てる自給自足も良いです。野菜中心の食生活は、身体が軽くなったり、病気になりにくくなったりといった体験もよく聞きます。
意外と心地よい近所づきあい
田舎は近所付き合いを大事にする傾向にあり、「野菜がたくさんできたから」とおすそ分けしてくれる人もいます。その代わりに自分で育てているものをお返しするなど、ちょっとしたキッカケで近所の人と触れ合うことができます。 名前が知れ渡ることが早いため、いろんな人に声をかけてもらえたり、色んな行事に参加することだってできちゃうのです。
きれいな空気
空気の違いというのは、実際に現地に立った時に感じます。
普段、空気が綺麗だと思うことは早々ないと思うのですが、旅行などで山や海に行くと空気の違いを感じます。
特に早朝の空気の良さは格別です。
、都会の排気ガスやゴミ処理等の有害な空気に比べて、綺麗な空気は呼吸もしやすく、体調も良くなることもあります。
満天の夜空
田舎は空気が澄んで灯りが少ないので、夜になると真っ暗となり星がよく見えます。
ふと空を見上げると星空を楽しむことができます。また満月の日は星はあまり見えないのですが、街灯がなくても外出できるくらいの月明かりの明るさに驚くこともあるでしょう。
肉体的にも精神的にも日々の疲れを夜の自然が癒してくれます。
ゆったりとした時間
セカセカとした都会と違い、夜は暗く周りが静かになり、朝は日が昇るまで動かない田舎では、家族で過ごす時間が長くなり、自分の時間も増えます。
寝る時間が早くなり、静かな夜にゆっくりと眠り、起きる時間が早くなることで、時間の流れを体感的にもゆっくり感じます。
ストレスフリーな生活
田舎に移住した人から最も多く聞くのが体調がよくなったという話です。
田舎での食生活や規則正しい生活が主な理由だと思います。
ビルに囲まれて満員電車で通勤するの清々しい空気を吸いながら緑を見ながら通勤するのでは、ストレスを感じ方にかなりの差が出ます。
日の光を浴びたり、土に触れたり、自然に触れ合う機会が増えることで自分の体調の変化を感じることができます。
こういった田舎の日常で、ストレスを抱えている人ほど、ストレスが軽減されていくことを実感できます。
健康に良い生活
おいしい食べ物とストレスレスな生活が続けば、自然と健康な体になります。
寝不足や慢性的な疲れ、外食ばかりな生活を続けていると、身体がそれに慣れて、ストレスや疲れが分からなくなってしまいます。
一度田舎に行って魅力を知ると、すぐに移住できなくても気持ちが前を向いていきます。
健康な体は、いい仕事と心の充実をもたらしてくれます。
安い住居費
田舎は都会と違い土地が安いので、同じ値段であれば、都会「マンションの一室」、田舎「広い庭・駐車場つきの一軒家」が買えてしまうくらいの差がでます。
家賃が安く、野菜などの食べ物も安く手に入るので食費も節約出来るので、同じ収入でもワンランク上のゆとりある生活が出来ます。
不必要なおしゃれ
都会に住んでいると周りに流されたり見栄を張っておしゃれをしがちです。
流行りのものを着ようとしたり、リサーチしたりすると時間もお金もかかります。
田舎の生活では自然とおしゃれよりも、動きやすさ重視の服装を選ぶようになることも多いです。
もちろん、おしゃれに制限はないので、おしゃれが好きな人は今まで通りに楽しめます。
治安が良い
田舎は治安の良さもメリットです。
人と人との距離が近いので、町や村全体が子供のことを把握できることもあります。
近所の人は、全員が顔見知り状態なので安心することができ、何かあったときも安心です。
また、人が集中していない田舎では待機児童問題もほぼありません。
手作りの楽しさ
新鮮な野菜や果物が豊富にあり、時間もたくさんあるのでジャムや果樹酒など、手作りすることが楽しくなります。
都会では見かけなかった野菜などで、新たな料理を楽しんだり、野菜を採りに行くところから楽しんだり、外食やコンビニですますことが気軽にできないので料理に工夫が生まれ、必然的に料理が上手になっていくという利点もあるでしょう。
自給自足生活が楽しさ
田舎暮らしの醍醐味と言えば、やはり自給自足ができること。
田舎は土地が安いので、畑の分の土地を買うことも難しくありません。
自分で植え、育て、収穫するのは大変ですが、収穫して食べた時の喜びもひとしおです。
山菜やきのこ狩りなどで食べてはいけないもの、毒があるものなどを勉強する機会が増え、生きるための知識も身に付いていきます。