Century21 TEIWA 田舎暮らし~競売物件まで不動産のスペシャリスト

不動産のことならどんなことでもお気軽にお問い合わせ下さい

家主(賃主)様のご相談も大歓迎!

お問い合わせフォーム

田舎暮らしで晴耕雨木な毎日を。自然や農山村景観と共存した物件など様々な不動産をご紹介します。
近畿圏を中心に全国で賃貸から売買、収益、競売、任意売却まで不動産の事ならなんでもご相談下さい。

不動産流通オークション 競売代行

TEIWAがお勧めする不動産のもうひとつの流通 競売物件!

競売代行業務とは!

競売物件は〝ど~も〟と二の足を踏まれる方が多い現状でいかにして安全で確実な物件にしてお渡しできるか?を考え物件調査から入札金額の設定、保証金の預け入れ、落札確認、入居者の明渡し確認、物件の引渡しまでをTEIWAが行います。
これらの一連の交渉作業をTEIWAでは「競売代行業務」と呼んでいます。

競売物件の利点

相手が国(裁判所)だから絶対に売る(取下げ以外)
普通取引の場合は、売主の都合で最後になって売らないと心変わりをする時がありますが、競売は取下げ等の場合を除き絶対に売るので安心である。
市場価格より安く手に入る(一番の魅力)
普通の場合は市場価格の6割位の落札価格が設定されている。
誰でも入札できる
誰でも、外国人でも入札をする事が出来ますが、準禁治産者や破産宣告を受けた方等の一部の方は入札資格がありません。

TEIWAの競売代行業務

TEIWAの競売代行業務では、下記の嫌われてきた事柄一つ一つに明確に答えを出し安心を与えます。

なぜ競売物件は嫌われてきたのか?
それをTEIWAは考えました。一つ一つに答えを出し安全で確実にエンドユーザーに渡す、また複雑なほど安く落札出来るそのノウハウさえ出来ればもうひとつの不動産流通機構になると。
そしてご安心下さい。出来ました「TEIWAの競売代行業務」が、これで安く、安心、確実にお渡しできます。

今まで嫌われてきた要因
物件明細が分かりにくい
不動産のプロが内容を確認しますので、的確に判断します。
別の占有者がいる場合は入札しにくい
入札前に占有者と話合いを行います。
賃借権が付いている場合の処理が不明
賃借権が対抗出来るか出来ないかの判断を行います。
別の共有者がいる
共有者の権利関係を調べ事前に話合いを行い処理方法を確約します。
土地の所有者が違う場合
土地と建物の所有者が違う場合、事前に話合いを行い処理方法を確約します。
未登記物件がある場合
事前に話合いを行い処理方法を確約します。
金額現金が必要(ローンが出来ない)
事前申請でローンが認められます。

競売物件一覧へ