Century21 TEIWA 田舎暮らし~競売物件まで不動産のスペシャリスト

不動産のことならどんなことでもお気軽にお問い合わせ下さい

家主(賃主)様のご相談も大歓迎!

お問い合わせフォーム

田舎暮らしで晴耕雨木な毎日を。自然や農山村景観と共存した物件など様々な不動産をご紹介します。
近畿圏を中心に全国で賃貸から売買、収益、競売、任意売却まで不動産の事ならなんでもご相談下さい。

M&A(企業取引)

TEIWAのM&A

TEIWAでは、会社を売却したいお客様と会社を買いたい人をつなぐお手伝いをします。

上記のように売りたい会社だからといって必ず赤字ではなく黒字企業も多々あります。
また、赤字の企業でも魅力のある技術・資産がある場合も多々あります。
M&Aに興味のあるお方は、ぜひお気軽にTEIWAにご相談ください!

TEIWAのM&Aの代表的手法

株式譲渡

株式譲渡とは、売り手のオーナーが保有株式を譲渡し、会社の経営権を買い手に譲り渡すものです。中小企業のM&Aでもっともよく行われる方法です。

第三者割当増資

既存の株主以外の相手に新株を引受けてもらう方法です。売り手のオーナーの手元に現金は入りませんが、経営はそのまま継続し、(比率は下がりますが)株式を持ち続けることができます。

株式交換

買い手企業(買収企業)が自社の株式と売り手企業(売却企業)の株式等を交換することで、売り手企業を100%子会社化する手法です。

事業譲渡

事業譲渡とは、売り手企業が行っている事業(資産)を、買い手に譲渡する方法です。売り手のオーナーは、譲渡した事業に対する支配権を完全に失います。

合併

2つ以上の会社が1つの会社になる方法で、売り手企業(売却企業)のオーナーは、合併比率を算定しそれに応じた買い手の企業(買収企業)の株式を現金の代わりに手にすることになります。

会社分割

会社を複数の法人格に分割してそれぞれに組織や事業を引き継がせる手法です。引き継ぐ会社は分割を行う会社または株主に株式を割り当てます。グループ内の組織再編としても用いられます。

資本・業務提携

資本・業務提携のうち、経営支配権を有しない程度(5%~20%程度)に相手企業の株式を保有し、提携関係を結ぶことを「資本参加」といいます。M&Aの前準備として行われることがあります。